映画「愛がなんだ」を見てきました

エンタメ

こんにちは。かば子です。今話題の映画「愛がなんだ」を見て気ました。

「愛がなんだ」は「八日目の蝉」「紙の月」などの作品で知られる直木賞作家、角田光代さんの同名恋愛小説の映画化です。監督は今泉力哉さん。公式サイトはこちら

この作品、いわゆるシネコンで大々的に上映されているわけではなくて単館上映というのかな?小さな映画館で上映されているみたいです。私は地元のヒカリ座という渋い作品をかけてるところで見てきました。ちなみにですがそのヒカリ座の作品紹介文がよくできていると思ったので消化しておきます。

「 ■好きになって、ごめんなさい。

最高にしあわせ。でも、彼は恋人じゃない――『八日目の蝉』『紙の月』などの原作で知られる直木賞作家・角田光代の同名恋愛小説を映画化。好きになってくれない相手をいちずに追う女性の恋模様を描く、アラサー女性の片思い恋愛ドラマ。」

「 ■28歳のOL山田テルコ。マモルに一目ぼれした5カ月前から、テルコの生活はマモル中心となってしまった。仕事中、真夜中と、どんな状況でもマモルが最優先。仕事を失いかけても、友だちから冷ややかな目で見られても、とにかくマモル一筋の毎日を送っていた。しかし、そんなテルコの熱い思いとは裏腹に、マモルはテルコにまったく恋愛感情がなく、マモルにとってテルコは単なる都合のいい女でしかなかった。テルコがマモルの部屋に泊まったことをきっかけに、2人は急接近したかに思えたが、ある日を境にマモルからの連絡が突然途絶えてしまう…。 」

でアタシの感想はというと

何というか登場人物のことば(台詞)に嘘くさいところが全くないと思いました。今まで見てきた大抵のとくに邦画はなんか台詞が嘘くさいとおもうことがおおかったです。けれどこの作品にはそれがない。一言一言がやけに共感できましたよ。主演の岸井ゆきのさん。いい演技していたなぁ。相手役の成田凌さんもいい味だしてました。

コメント